スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに美味しいコーヒーを飲みたい

美味しいコーヒーの淹れ方を極めたいと思い、少しでも理想のコーヒーを飲みたいと自家焙煎にチャレンジしたりしています。自家焙煎のほうは少しずつこつを覚えながら、友人に配るくらいには上達して来たのですが、実は1つ課題がありました。

焙煎、抽出とくればあと1つはグラインド。つまり豆の挽き方です。
今までは、Braunのコーヒーミル

を使っていましたが、これはフードプロセッサーのようなプロペラ式の刃で、10秒ほどで豆がひけてしまい、ケアも非常に簡単なもので、オススメなのですが、私の好きな粗挽きがなかなかうまくいかず、挽き方にばらつきが出ることが多いのです。
中挽き以上であれば何の問題もないのですが、ばらつきをなくすためには、カクテルシェイカーのように蓋を押さえて見るを振りながらグラインドすればいいのですが、それでもバラつきをおさえることは難しかったのです。

そこで目をつけたのはMelitaのパーフェクトタッチⅡ。

これは手回し式のコーヒーミルと同様の臼式の刃で挽くため、ばらつきも出ず、豆の温度も上がらないのでいいです。

2杯からとなっていますが、1杯10gで計算しているようなので、1杯であれば2の目盛りにあわせれば大丈夫。
粗さは私好みの粗挽きならば0か0.5くらいでベスト。楽チンでいいです。

これ以上のものを求めようとすれば、Kalitaのナイスカットミルや


フジロイヤルのみるっこ
みるっこDX(小型高性能家庭用) グラインド臼刃仕様


になるのですが、なかなかここまでは手が出ないですよね。

まずはこのミルで納得行くまでいろいろ試して見ます。

テーマ : コーヒー
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

liefeng

Author:liefeng
日々の徒然
twitterでつぶやいたことをまとめています。

杉浦さやかの本
私の妹・杉浦さやかの著作たちです。



えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

スクラップ帖のつくりかた
はじめてのハワイ
おしゃべり12ヵ月
東京ホリデイ
上海を歩こう
マーマリング・トーク
旅のおみやげ図鑑
旅のおみやげ図鑑(文庫)
わたしの日曜日
わたしの日曜日(文庫)
ベトナムで見つけた
お散歩ブック
お散歩ブック(文庫)
絵てがみブック
絵てがみブック(文庫)

オススメの本


いきつけの珈琲屋さんであり友人でもある「三月珈琲工房」の甲斐さんの著作です。


三ツ沢球技場のビールの売り子さんが本を出しました。

オススメのCD



オススメの楽譜

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
リンク
オススメの人
夫婦揃って大ファンです

ブログ内検索
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。