スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はじまりの時」つじあやの



つじあやのといえばこれまで
・鴨川河川敷ライブ時代
・デビュー~ブレークまで
・「風になる」ブレーク後
という時期に分けることが一般的だったと思います。
でも、彼女じしんは一貫して変わらない作風をマイペースで貫いて、変わってきたのは彼女ではなく、リスナーの層だったと思います。

ところが今作はつじあやのじしんが、というよりもつじあやのはどこまでいってもつじあやのなんですが、つじあやのの作り出す音楽世界が大きく転換し、まさに「第2期つじあやの」のスタートとなる作品だと思います。

これまでのつじあやのの音楽世界といえば、

「ぼく」と「きみ」の「ちょっとほろ苦くて温かいほんわかした恋」の世界。



今作はそれが、

「わたし」と「あなた」の「かなりきわどい大人の恋」の世界


も見られるようになっています。

彼女自身もインタビューで「今までは『わたし』で歌うのがてれくさい部分があったけれども、今は素直に『わたし』で歌える」との言葉もあったとおり、彼女じしんの心境の変化が大きいのでしょうが、ぼくなんかは、特に「Bathroom」なんて赤面してしまうくらいにストレートな「女性の」愛の歌になっています。

でもそのような変化を遂げたつじあやのはさらなるアーティストとしての成長を遂げてゆくのだとおもいます。そういう意味でも今作は「はじまり」だと思います。

サウンド面でも、伊賀航、徳澤青弦、坂和也といったツアーでおなじみの面々とアットホームな雰囲気の下作られたことがよく分かる伸びやかなモノになっていて、おすすめですよ。

テーマ : 邦楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは、初めまして。

訪問履歴から来てみました。

インターネットを始めるようになって
なかなか本やCDを買う機会がなくなりました。
こうしてみるといろいろな本があって面白いですね。

それでは、頑張って下さい^^
ポチッ
プロフィール

liefeng

Author:liefeng
日々の徒然
twitterでつぶやいたことをまとめています。

杉浦さやかの本
私の妹・杉浦さやかの著作たちです。



えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

スクラップ帖のつくりかた
はじめてのハワイ
おしゃべり12ヵ月
東京ホリデイ
上海を歩こう
マーマリング・トーク
旅のおみやげ図鑑
旅のおみやげ図鑑(文庫)
わたしの日曜日
わたしの日曜日(文庫)
ベトナムで見つけた
お散歩ブック
お散歩ブック(文庫)
絵てがみブック
絵てがみブック(文庫)

オススメの本


いきつけの珈琲屋さんであり友人でもある「三月珈琲工房」の甲斐さんの著作です。


三ツ沢球技場のビールの売り子さんが本を出しました。

オススメのCD



オススメの楽譜

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
リンク
オススメの人
夫婦揃って大ファンです

ブログ内検索
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。