スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「八十八夜物語(上・下)」半村良

 


妙子は23歳。女として人生で1番美しい季節を迎えている。殺風景なオフィスと偏狭な男たちのそばを離れ、精一杯に咲いてやろうと考え…。夜の銀座に織りなす人間模様と酒場の哀歓を描いた人情風俗小説。

平凡なOLから一流ホステスをめざす妙子、粋な会話を交わす常連とバーテン、酒場に交差する男たち、夜の銀座に織りなす人間模様。直木賞作家が熟達した筆で酒場の哀歓を描いた人情風俗小説。

18、19冊目
半村良は小学生の頃から30年ほども読み続けている小説家ですが、死後8年を経てもまだこうやって未読のものが出てくるのに本当に驚かされます。
これはSF、伝奇物と並ぶ半村良お得意の人情物のジャンルに入ってくる話しですが、銀座のバーを舞台に生き生きと描かれていてとても楽しく読みました。
9点
スポンサーサイト

「蘭陽きらら舞」高橋克彦

17冊目
歌麿、おこう、春朗に次ぐ第4弾。
おなじみのメンバーに蘭陽を主役に据えて様々な出来事に立ち向かいます。
相変わらず面白く読まされました。
8点

「ラストラン」志水辰夫

16冊目
短いながら、ぞっとしたりホロリとしたりという話しが詰まっている短編集でした。
志水辰夫には珍しいと思いました。
7点

「メガロマニア あるいは「覆された宝石」への旅」恩田陸

15冊目
南米への紀行といくつかのプロローグそしてユーモアあふれるエッセイで綴られています。
本人は満足いっていないようですが、そこそこ面白く読めました。
7点

「制服捜査」佐々木譲

14冊目
通常は捜査を行わない制服警官、しかも駐在を主人公にしてアームチェアディティクティブの趣に作り上げたユニークな警察小説。
謎解き役が駐在というのがとにかく新鮮です。楽しく読みました。
8点



元気な小学一年生・かのこちゃんと優雅な猫・マドレーヌ夫人。その毎日は、思いがけない出来事の連続で、不思議や驚きに充ち満ちている。書き下ろし長編小説。

13冊目
妻が気をきかせて買ってきてくれた、万城目学の新作。
タイトルと書き出しから最初は児童向けかと思いがっかりしたのですが、読み進めて行くほどにどんどんと面白くなっていったのはさすがです。
最後は少しホロリとさせられました。
9点

「つばくろ越え」志水辰夫

12冊目
文書やモノをリレー形式で運ぶ定飛脚ではなく、送り主から宛先まで直接ひとりで届ける通し飛脚を主役に人情話をつないだ連作短編。面白く読みました。
8点

「京都タワーで朝風呂を」カツヤマケイコ

11冊目
京都育ちの女性イラストレーターによるイラスト京都ガイド。
通でもあり普通のガイドブックでは絶対書かれないようなことまで網羅されていて、読み物としてもとても楽しかったです。
7点

「ほかに踊りを知らない。 東京日記2」川上弘美

10冊目
ユニークで独特でちょっと不気味な傑作日記文学です。
ゲラゲラ笑いながら読めますので、電車の中では要注意です。
8点
プロフィール

liefeng

Author:liefeng
日々の徒然
twitterでつぶやいたことをまとめています。

杉浦さやかの本
私の妹・杉浦さやかの著作たちです。



えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

スクラップ帖のつくりかた
はじめてのハワイ
おしゃべり12ヵ月
東京ホリデイ
上海を歩こう
マーマリング・トーク
旅のおみやげ図鑑
旅のおみやげ図鑑(文庫)
わたしの日曜日
わたしの日曜日(文庫)
ベトナムで見つけた
お散歩ブック
お散歩ブック(文庫)
絵てがみブック
絵てがみブック(文庫)

オススメの本


いきつけの珈琲屋さんであり友人でもある「三月珈琲工房」の甲斐さんの著作です。


三ツ沢球技場のビールの売り子さんが本を出しました。

オススメのCD



オススメの楽譜

カレンダー
01 | 2010/02 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
リンク
オススメの人
夫婦揃って大ファンです

ブログ内検索
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。