スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「きのうの世界」恩田陸

9冊目
透明感のあるエンターテナーの恩田陸と、よく分からないモヤモヤとして前衛的な恩田陸。
今作は後者の恩田陸で、自分はこの小説は苦手でした。不思議な感じが読みきっても抜けず、なんとなくスカッとしない感じです。
4点
スポンサーサイト

「[知ってウレシイ、乗ってナットク]鉄道利用術 素朴な「ギモン」101連発!」

8冊目
どうということはない普通の鉄道雑学本でした。
つまらなくはありませんでした。
5点

「京都 格別な寺」宮本健次

7冊目
行ったことのない寺も多く、それについて堅苦しいだけではなく解説してくれてあるので、行ってみたいお寺が増えましたね。
5点

「余白の愛」小川洋子

6冊目
初期の長編と言うことで、今の完成された美しい小川洋子ワールドとは少し趣は違うものの、透明感のある小説でした。
半日で一気に読みきってしまいました。
7点

「いのちのパレード」恩田陸

5冊目
恩田陸のちょっと不気味だったり幻想的だったりする作品を詰め込んだ短編集です。
楽しく軽く読めました。
7点

「京都の不思議」黒田正子

4冊目
これもBOOKOFFで100円で買った京都の本です。
ガイドと言うよりも京都に関する雑学をたくさん詰め込んだ本で、女性ならではの視点もあってとても楽しく読めました。
7点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「とっておき京都」中村壽男

3冊目
何気なく、観光タクシーの運転手さんの書いた京都ガイドというのが気になってBOOKOFFで100円で購入したところ、妹がその本なら上げたのに、とのこと。
よく見ると、妹の後輩であるすげさわかよちゃんがイラストを書いていました。
今まで知らない京都を知ることができてとても楽しく読めました。
6点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「アフガンの男(上・下)」フレデリック・フォーサイス

2010年1、2冊目
フレデリック・フォーサイス久々の長編ですが、やはり冷戦が終わり対アラブとの戦いと言うことで昔ほどの勢いがなくなってしまったのは残念な感じです。
6点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

liefeng

Author:liefeng
日々の徒然
twitterでつぶやいたことをまとめています。

杉浦さやかの本
私の妹・杉浦さやかの著作たちです。



えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

スクラップ帖のつくりかた
はじめてのハワイ
おしゃべり12ヵ月
東京ホリデイ
上海を歩こう
マーマリング・トーク
旅のおみやげ図鑑
旅のおみやげ図鑑(文庫)
わたしの日曜日
わたしの日曜日(文庫)
ベトナムで見つけた
お散歩ブック
お散歩ブック(文庫)
絵てがみブック
絵てがみブック(文庫)

オススメの本


いきつけの珈琲屋さんであり友人でもある「三月珈琲工房」の甲斐さんの著作です。


三ツ沢球技場のビールの売り子さんが本を出しました。

オススメのCD



オススメの楽譜

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
リンク
オススメの人
夫婦揃って大ファンです

ブログ内検索
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。