スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「楽園(上下)」宮部みゆき

107、108冊目
「模倣犯」の主人公前畑繁子がまたも主人公です。
スーパーナチュラルの話ですが、悲しいけれどハッピーなお話です。
8点

スポンサーサイト

「影踏み」横山秀夫

106冊目
忍び込み泥棒の探偵的な活躍を描いた連作。
その後が気になる終わり方でした。
8点

「覇王の番人」真保裕一

  

明智光秀と忍びの小平太は戦国の世を生きる 信長の天下統一に随伴する明智光秀と、その光秀に命を預けた、かつ想いを預ける忍びの小平太。二人は各々のの戦世を生き抜く。著者初の時代小説。渾身の大長編。

信長から家康の時代を真に動かしたのは誰か 天下取り目前の信長は本能寺に斃れ、光秀も消え、戦世は再び大きく様変わりしていく。秀吉・家康と続くこの時代を真に動かしたのは誰なのか。渾身の時代大長編。


104、105冊目
明智光秀の有名なifに真保裕一が取り組んだ意欲作
楽しく読みました。
9点

「プリンセス・トヨトミ」万城目学


このことは誰も知らない。五月末日の木曜日、午後四時のことである。大阪が全停止した。長く閉ざされた扉を開ける“鍵”となったのは、東京から来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二人の少年少女だった―。前代未聞、驚天動地のエンターテインメント、始動。

103冊目
過去3作より、ずいぶんシリアスな展開ながら、はしばしにあふれるユーモアはさすが。
一気に読みました。
9点

「警官の紋章」佐々木譲


北海道警察は、洞爺湖サミットのための特別警備結団式を一週間後に控えていた。そのさなか、勤務中の警官が拳銃を所持したまま失踪。津久井卓は、その警官の追跡を命じられた。一方、過去の覚醒剤密輸入おとり捜査に疑惑を抱き、一人捜査を続ける佐伯宏一。そして結団式に出席する大臣の担当SPとなった小島百合。それぞれがお互いの任務のために、式典会場に向かうのだが…。

102冊目
うたう警官の続編。
輻輳するストーリー、重なり合う登場人物。
説得力ある文章でおもしろく読みました。
9点

「ラン」森絵都

101冊目
死を描き生を描いた力作。
一気に読みました。
8点

「鉄道101の謎 どこまで速くなる?日本の「鉄道」は世界一!」梅原淳監修

100冊目
そこそこ面白いコラム集でしたが、新幹線に的を絞りすぎた感があります。
5点

「平安京の驚き 京都の歴史ロマンを歩く」塚本哲朗

99冊目
ちょっと京都市内からずれた位置の案内だったのが残念。
4点

「新装版 逆転日本史 仮説で読み解く歴史事件簿」加来耕三

98冊目
軽い読物的な歴史のイフを集めています。
あくまで軽く読むにはいいでしょう
6点

「きみはポラリス」三浦しをん

97冊目
普通の男女、そして犬の普通の、そして普通じゃない愛を描いた短編。
心が温かくなりながら読みました。
8点
プロフィール

liefeng

Author:liefeng
日々の徒然
twitterでつぶやいたことをまとめています。

杉浦さやかの本
私の妹・杉浦さやかの著作たちです。



えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

スクラップ帖のつくりかた
はじめてのハワイ
おしゃべり12ヵ月
東京ホリデイ
上海を歩こう
マーマリング・トーク
旅のおみやげ図鑑
旅のおみやげ図鑑(文庫)
わたしの日曜日
わたしの日曜日(文庫)
ベトナムで見つけた
お散歩ブック
お散歩ブック(文庫)
絵てがみブック
絵てがみブック(文庫)

オススメの本


いきつけの珈琲屋さんであり友人でもある「三月珈琲工房」の甲斐さんの著作です。


三ツ沢球技場のビールの売り子さんが本を出しました。

オススメのCD



オススメの楽譜

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
リンク
オススメの人
夫婦揃って大ファンです

ブログ内検索
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。