スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「勇気凛凛ルリの色」浅田次郎

42冊目
抱腹絶倒時にホロリのエッセイ。
エッセイはあまり好きではないので避けてきたのですが、やはりエンターテナーの浅田さんはエッセイもエンターテイメントにしています。
8点
スポンサーサイト

「そこまでやるか!」日経新聞社編

41冊目
日経新聞連載のコラムをまとめた本。
さまざまなプロフェッショナルを魅力的に描いています。
6点

「ビンボーはカッコイイ」森本卓郎

40冊目
楽しい人物紹介コラム。
日経文庫面白いですね。
5点

「臥竜の天」火坂雅志

  

わしは天下を諦めてはおらぬ-。政宗は豊臣家の内部からの崩壊を図るが、すでに時代のうねりは徳川家康を中心に動き始めていた…。北の大地から天下人の座を狙い、生涯その野心を失わなかった伊達政宗を描いた長編歴史小説。

38,39冊目
上下巻で伊達政宗を描いた火坂さんには珍しい正統的な歴史小説です。
しかしいつものように楽しく読みました。
8.5点

「ハピネス」嶽本野ばら



『ミシン』から6年、嶽本野ばらの新たな原標となる作品
「私ね、後、一週間で死んじゃうの」chr(10) 彼女は唐突に、まるでアルバイトが決まったかのようにさり気なく、話のついでといったふうに、何時もの口調で、何時もの笑顔で、僕にそう告げたのでした。chr(10) 彼女が履いていた靴下の話をしたことがきっかけで付き合うようになった高校2年生の僕達。平凡な毎日を送っていたある日、僕は彼女から唐突に告白される。余命一週間。動揺する僕に、残されたわずかな時間を自分らしく生きたいと、全てを受け容れた口調で彼女は言った。chr(10) 『ミシン』収録の名作「世界の終わりという名の雑貨店」に、自ら捧げたオマージュ…嶽本野ばらの新たな原標となる作品である。

37冊目
これで野ばらちゃんの小説はすべて読破。
相変わらず美しくて、面白い、そして悲しいお話でした。
9.5点

「あなとと、どこかへ」オムニバス

36冊目
日産ティアナをモチーフに、
片岡 義男
甘糟 りり子
林望
谷村志穂
角田光代
石田衣良
吉田修一
川上弘美
とそうそうたるメンバーが短編を寄せた本ですが、甘糟さん、吉田さん、川上さんという大好きな小説家の話はやはり面白く、
石田、角田といったもともと嫌いな小説家の話は本当につまらない、という結果に。
なかなか新しい嗜好を見つけるのも難しくなってきています。
6点

「全国鉄道オモシロ雑学辞典~最新事情~」川島令三

35冊目
普段は面白く読める鉄道本ですが、この本は正直後半飽きました。
5.5点

「ビーンズ」レスリー・A・ヤークス/チャールズ・R・デッカー

34冊目
珈琲店を舞台にしていますが、コーヒーの話ではなく、経済学のお話。
一般的な話が多くてそれほど面白いものではありませんでした
4点

「井の頭線沿線の1世紀」生活情報センター編

33冊目
12歳の時から暮らしている井の頭線沿線の風景の移り変わりを写した写真集。
文章も多く、懐かしい車両もたくさん出ています。
7点

「閉鎖病棟」帚木蓬生

32冊目
平積みで絶賛されていたため妻が買ってきたのですが、それほど面白いとは思えません。
5点

「チョコレートコスモス」恩田陸

31冊目
普段なじみのない「演劇」の世界を舞台にした小説ですが、恩田陸さんらしくないストレートな作品で楽しく読みました。
8点

「月のうた」穂高明



中学三年生の民子は、父と継母の三人暮らし。病死した実母への複雑な思いを抱く民子は、父や継母との生活に息苦しさを感じていて…。変わりゆく家族の実相を、温かさと厳しさを織り交ぜた筆致で鮮やかに描き出す。

30冊目
脅威の新人登場です。
登場人物の魅力、ストーリーの面白さ、文章の美しさいずれも素晴らしい。
とても美しい話で大人が読んでも楽しめました。
次回作が楽しみです。
10点

「上と外」恩田陸

  

両親の離婚で別れて暮らす元家族が年に一度、集う夏休み。中学生の楢崎練は久しぶりに会う妹、母とともに、考古学者の父がいる中央アメリカまでやってきた。密林と遺跡と軍事政権の国。四人を待つのは後戻りできない「決定的な瞬間」だった。全五巻書き下ろし、隔月の連続刊行、熱狂的面白さで読者を魅了する恩田ワールドの決定版、待望の第一巻。

G国で軍事クーデター勃発。楢崎練の帰りを待つ祖父ら家族は突然の報に不安を募らせた。一方、決起グループに隔離監視された賢と千鶴子は子供たちの無事をすべなく願った。その頃ヘリコプターから落下した練と千華子は密林を彷徨する。疲労困憊する中で二人が聞いた轟音。そこで見たものは!?ノンストップの面白さで息もつかせぬ第二巻。

誰かに見られてる、誰もいるはずのないジャングルの中で…。得体のしれない不安を抱えつつ歩き続ける練と千華子は、その入口に深い闇をたたえる遺跡を見つけた。そこでの束の間の休息。しかしすぐに疲労困憊する千華子の身に異変が起こった。それを待ち受けるかのように現れた新たな謎。そしてついには練の身にも…。緊張と興奮の第三巻。

千華子を人質にとられ、練はニコと名乗る少年から危険なマヤの儀式への参加を強要された。それは、少年たちがつねに背後に獰猛な獣の気配を感じながら、生き残りをかけて争う過酷なレースだった。刻一刻、過ぎてゆく時間。失意と恐怖の中で、練に残された制限時間はあとわずかしかない。脱落すれば千華子の命が…。もう後戻りできない第四巻。

革命新政府は「楔が抜けるまでこの状態は続く」と発表。が、この「楔」は何を意味するのか?賢と千鶴子はヘリコプターでの捜索を開始したが困難をきわめた。一方、練は勇気と機転で「儀式」を終え、すぐさま軟禁中の千華子のもとに向かうが…。その時、国全体をさらに揺るがす、とんでもないことが起こりつつあった。面白さ最高潮の第五巻。

史上最悪の大地震と火山噴火で、練の恐怖の針は振り切れた。このまま押し潰され骨も砕け窒息するのか、千華子はいまどこにいるんだ、でも、もう何もかもが終りだ!次々、襲いかかる困難の果て、さらにこんなことが待ち受けているとは!神は二人を見捨てたのか!?兄妹は再会できるのか?そして家族は?息すらできない緊迫と感動の最終巻。


24~29冊目
1.素晴らしき休日
2.緑の底
3.神々と死者の迷宮 上
4.神々と死者の迷宮 下
5.楔が抜ける時
6.みんなの国
と6冊をキングの「グリーンマイル」方式で定期的に刊行していった作品ですが、とてもスリリングで面白い小説で一気に読み切ってしまいました。
10点

「エロマンガ島の三人」長嶋有



エロマンガ島でエロ漫画を読んでくる……?
およそありえない取材に出向いた編集者たちの、
実話をもとにした南国小説。
温かくて、おかしくて、なのに切ない二泊三日。

表題作ほか、初のSF小説、奇想天外なゴルフ小説、
官能小説に珠玉の書き下ろし新作「青色LED」も加えた
異色作品集!

「エロマンガ島の三人」は、『オトナファミ』(発行:エンターブレイン/季刊)に
連載された中篇小説「エロマンガ島の三人」をメインに、SF短篇、官能小説、
さらに書き下ろし小説も収録した作品集です。

著者原作の映画「サイドカーに犬」の劇場公開(初夏、竹内結子復帰第一作映画として全国公開)も
待機している作家、長嶋有の最新刊となります。
表題にもなっている「エロマンガ島の三人」は、ゲーム雑誌編集者の実体験をモデルに描いた作品です。
三人の男たちが経験した異郷への短い旅を、不思議な手触りを活かしながら描写する
その手腕は、芥川賞受賞作「猛スピードでは母は」からますます磨きがかったものになりました。
'90年代の風物が散りばめられた東京と、南太平洋の島、ふたつの情景の対比も鮮やか。
スローなリズムで展開する、オトナの休日の物語です。

23冊目
異色短編集と銘打たれたこの作品。たしかに長編での長嶋さんのナイーブな文章などに比べると毛色の違う小説たちでした。
でも面白かったです。
7.0点

「ネバーランド」恩田陸



舞台は、伝統ある男子校の寮「松籟館」。冬休みを迎え多くが帰省していく中、事情を抱えた4人の少年が居残りを決めた。ひとけのない古い寮で、4人だけの自由で孤独な休暇がはじまる。そしてイブの晩の「告白」ゲームをきっかけに起きる事件。日を追うごとに深まる「謎」。やがて、それぞれが隠していた「秘密」が明らかになってゆく。驚きと感動に満ちた7日間を描く青春グラフィティ。


22冊目
一気に読める恩田さんらしい青春小説でした。
男の子の書き方が上手ですね。
7点
プロフィール

liefeng

Author:liefeng
日々の徒然
twitterでつぶやいたことをまとめています。

杉浦さやかの本
私の妹・杉浦さやかの著作たちです。



えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

スクラップ帖のつくりかた
はじめてのハワイ
おしゃべり12ヵ月
東京ホリデイ
上海を歩こう
マーマリング・トーク
旅のおみやげ図鑑
旅のおみやげ図鑑(文庫)
わたしの日曜日
わたしの日曜日(文庫)
ベトナムで見つけた
お散歩ブック
お散歩ブック(文庫)
絵てがみブック
絵てがみブック(文庫)

オススメの本


いきつけの珈琲屋さんであり友人でもある「三月珈琲工房」の甲斐さんの著作です。


三ツ沢球技場のビールの売り子さんが本を出しました。

オススメのCD



オススメの楽譜

カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
リンク
オススメの人
夫婦揃って大ファンです

ブログ内検索
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。