スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「銀嶺の彷徨-スキーバム」生田直親



98冊目
雫井脩介の白銀を踏み荒らせが面白くて、スキー場が舞台の小説はないかと検索したところ、生田直親さんの作品に行き当たりました。
30年以上も前のスキーバカの常軌を逸した生活が笑えますし、スキーファンには思わず噴いてしまうような、登場人物の名前も面白い。

内容については、それほどひどくはありませんでした。
6点
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「MIST」池井戸潤



標高五百メートル、のどかで風光明媚な高原の町・紫野で、一人の経営者が遺体となって発見された。自殺か、他殺か。難航する捜査を嘲笑うように、第二、第三の事件が続けざまに起きる。その遺体はみな、鋭く喉を掻き切られ、殺人犯の存在を雄弁に物語っていた。”霧”のようにつかめぬ犯人に、紫野でただ一人の警察官・上松五郎が挑む。東京の事件との奇妙な符号に気づく五郎。そして見えてきた驚くべき真相とは-。

97冊目
今までに読んだ池井戸作品の中では最もミステリ色が強く、そのためか池井戸潤の魅力であるストーリー手リング的な部分が薄れているのが残念な作品。じっくり読むよりも、早く犯人を知りたいという思いが強かった。
6点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「新撰組血風録」司馬遼太郎



司馬文学の傑作にして、新選組小説の代表作が、読みやすい新装版で登場!
勤王佐幕の血なまぐさい抗争に明け暮れる維新前夜の京洛に、その治安維持を任務として組織された新選組。騒乱の世を、それぞれの夢と野心を抱いて白刃とともに生きた男たちを鮮烈に描く。司馬文学を代表する傑作。

96冊目
司馬遼太郎、新田次郎、城山三郎という中学時代むさぼり読んだ小説家たちのうち、昔は淡々と歴史を振り返るとつとつとした書きぶりが少し苦手だった司馬遼太郎ですが、30を過ぎて、改めて手に取ると、とても面白く読めます。

この本は新撰組のサイドストーリーです。それぞれの登場人物について意外な一面を書き出しています。
7点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「海のふた」よしもとばなな



95冊目
名嘉睦稔版画を見るついでによしもとばななの小品を読むというのが一番いいと思います。
小説としては明らかに力が抜けすぎていて好きではありません。
4点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「降魔王」高橋克彦


”偽りの救世主”vs.剣(はばき)杏之介
書下ろし傑作ホラー!

TVで生中継された政治家の転落死に不審を抱いた剣杏之介が行き着いたのは岩手県東和町。そこには不思議な霊力を持つ神社と理想的共同体「ドリーマー」を創設した美青年レンが待っていた。陰に蠢(うごめ)くのは神か怨霊か?名作「蒼夜叉」から3年、高野山で修業を積んだ剣が命を賭して闘う感動の長編!
〈文庫書き下ろし〉

94冊目
ホラーというよりも歴史をモチーフに取り入れた伝奇小説ですね。
長さも適当で楽しく読めます。
6点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「新リア王」

新リア王 上
新リア王 下

92,93冊目
震災後、人が死んだりする小説はおろか、事件を組み立てること自体できなくなってしまったという高村薫が、震災後5年を経て書き上げた「晴子情歌」。
今作はその続編に当たります。

読んでいて退屈で、つまらない。
非常に残念ですが、かつてわくわくしながら読み進めた小説を書いていた高村薫はもういないと思わざるを得ません。
震災という原因があるにせよ、1人の小説家の才能の枯渇は残念でなりません。
0点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「銀行仕置人」池井戸潤



メガバンクに巣食う悪党どもに鉄槌を…巧妙な罠に嵌り黒部一石は出世街道から、真っ逆さまに落ちた。重役、部長、支店長みんな叩き潰せ!″平成の岩窟王”の至難の復讐劇が始まった。池井戸潤の金融長編ミステリー第8弾。最高の痛快作!!

91冊目
銀行を舞台に書かせたら怖いモノなしの池井戸潤さん。今作は痛快な勧善懲悪物で、銀行を舞台にしながらもさながら時代劇のようで、エンタテイメントとして楽しく読みました。
7点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「白銀を踏み荒らせ」雫井脩介



ワールドカップを転戦する日本スキーチームのメンタルコーチ・望月篠子は、同行していた学者から、ある人物に書類を届けてほしいと依頼される。しかし接触の寸前、相手は何者かに襲撃され、篠子も追われる身に。誰が何の為に?やがて、その悪意が天才スキー選手の事故死の真相に関わっていることが分かり…。話題の新鋭が描いたミステリー。

90冊目
「火の粉」に続きこの人の本を読むのは2冊目になりますが、「火の粉」同様に作品の舞台に関する背景の描き方がとても緻密です。
この作品はアルペンスキーレースのダウンヒル競技を舞台にしていますが、ガーラ湯沢、富良野スキー場など、実在のスキー場の描写等も完璧で、またスキー技術等についても間違ったことは書いていません。
マテリアルについて1つだけスキーヤーなら首をひねるところはありますが、それ以外は完璧で、スキーヤーが読んでも楽しめる作品です。
この本の主人公は、他の作品にも出ているようなので、また追々読んでいきたいと思います。
8点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

ハリー・ポッターと謎のプリンス



人はなんのために戦うのか・・・・・・ 悲しみを乗り越えて「選ばれし者」が立ち上がる

「謎のプリンス」とはだれか?
一段と成長したハリーの新しい恋人は?
宿敵ウォルデモートの戦いで、またしても悲しい別れが…。

88、89冊目
何書いたってネタバレになりそうなんですが、とにかく大人になったみんながいろいろなことを引き起こします。そしてなぞはなぞのまま最終巻に引き継がれてゆきます。

最終巻最終章、結末はすでに金庫に納められているといいます。
グランフィナーレに向けてどう物語が動いていくのか、ぼくはこの巻でそのように終わった話がまだ終わったようには思われないですね。

というか平凡な終わり方は許さん>ローリング女史

テーマ : ハリーポッターと謎のプリンス
ジャンル : 本・雑誌

「半島を出よ」村上龍

  


北朝鮮のコマンド9人が開幕戦の福岡ドームを武力占拠し、2時間後、複葉輸送機で484人の特殊部隊が来襲、市中心部を制圧した。彼らは北朝鮮の「反乱軍」を名乗った。
〈財政破綻し、国際的孤立を深める近未来の日本に起こった奇蹟〉(上巻)

さらなるテロの危険に日本政府は福岡を封鎖する。逮捕、拷問、粛清、白昼の銃撃戦、被占領者の苦悩と危険な恋。北朝鮮の後続部隊12万人が博多港に接近するなか、ある若者たちが決死の抵抗を開始した。
〈現実を凌駕する想像力と、精密な描写で迫る聖戦のすべて。〉(下巻)

86、87冊目
愛と幻想のファシズム〈上〉〈下〉」、「希望の国のエクソダス」と時々読み応えのあるすばらしい小説を書く村上龍。
今作も期待満々で読んだけれども、終盤までは予定調和で終わるようでがっかりした。
しかしクライマックスに向かって、想定した終わりとは違う終わりへ向かって、わくわくしながら一気に読みました。
7点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「口笛とウクレレ」関口和之fearturing竹中直人

コチラのブログで紹介されていてウェブサイトで視聴。
その場でアマゾンで購入してしまいました。



新作だとばかり思って買ったオマヌケな私ですが、これは2000年の作品。
参加アーティストを見ると、ウクレレの関口和之、松田弘、ケガニ(サザンオールスターズ)、口笛の竹中直人以外にもハーブオオタ(当然ウクレレ)、ピチカートVの初代キーボード・鴨宮諒(田島貴男よりも前、佐々木麻美子がボーカルの頃、バカラックを丸パクリしていた頃ですね)、小倉博和(山弦)、IWAO(ウクレレ)ら、豪華メンバーでお送りするとってもローファイなコラボレーションです。

とても6年前に出たCDとは思えないレベルで、聴くととても楽しい気持ちになります。旧作ですが、是非みなさんにもお勧めします。

1.BITTERSWEET SAMBA
これは完コピですね。オールナイト・ニッポンのテーマでおなじみの曲です。メロは口笛でリズムはウクレレですが、いきなりキャッチーな曲でつかみはばっちりです。

2.雨にぬれても
BJトーマスによる名曲。これ、この間ウクレレブログでやりました

3.MOON RIVER
1オクターブしかないと言われるヘップバーンのために作られたこの曲、音域の狭いウクレレ、口笛には最適

4.LOVE
レゲエなレノンです。

5.私の青空
フラカンのマイ・ブルー・ヘブンに並ぶ名編曲だと思います。

6.慕情
口笛とウクレレだけでつむがれる美しいメロディです。

ぜひ続編を出して欲しいものです。

テーマ : 邦楽レビュー
ジャンル : 音楽

「ダビデの星の暗号」



探偵の名は芥川龍之介! 驚愕の歴史ミステリー!!

新進作家・芥川龍之介は友人・原田宗助から先祖の恥をすすぐため、掛軸に隠された暗号解読を依頼される。だが間もなく宗助は密室殺人の被害者となる。謎を追う龍之介を待ちうける、国史をも揺るがす衝撃的事実とは?

85冊目
虚実ちりばめた井沢元彦らしい歴史ミステリーです。
楽しく一気に読めるのですが、もっと枚数があれば厚みも加わって名作になるのにな、と思います。
文庫だからと読み飛ばすのがもったいないです。
6点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「妖怪大戦争」荒俣宏



「妖怪を見ることができる」という特殊な能力を持った弱虫の少年・タダシ。妖怪たちと力を合わせて、世界征服を企む魔人・加藤保憲と戦うことに――!

84冊目
単なる邦画のノベライズだと思えばさにあらず。
さすがは博覧強記の荒俣宏の筆によるだけあって、多分映画よりも断然面白いと思われます。
7点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「ヴァンサンカンまでに」乃南アサ



社内不倫と社内恋愛の同時進行――OLの翠は欲張った幸せを掴んだが、満たされない。本当の愛の形に気付くまでのちょっと切ない物語。

83冊目
社内不倫にせよ、社内恋愛にせよ、よくもこんなリスクの高い恋愛をするものだな、と思うものです。
内容的には「パラダイス・サーティー」をもっと内容的に軽くした感じです。乃南アサの作品の中では軽く読める例外的な本だと思います。
5.5点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「蝶舞う館」船戸与一



大地の精霊たちの声が聴こえる。戦え、と。
船戸与一が初めてベトナムを描いた、圧倒的長編小説!
日本人有名歌手の誘拐。犯行声明で名指しされた元ジャーナリスト。民族解放戦線に「呼び出された男」が、ベトナム戦争のかつての激戦地で見せつけられる、途轍もない現実!??おまえは、「行動者」たることを選べるのか?戦いの傷が癒えないアジアの人々と、戦いを知らない日本人に捧ぐ。魂を揺るがす大傑作!

82冊目
船戸与一らしい小説だが、いつものスペクタクルが感じられないのが残念。どちらかというと淡々と話が進みます。
5.5点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「ひたひたと」野沢尚


聞いてください。誰にも言えない、私の秘密を。
野沢尚 最後の小説
閉ざされた部屋に集まった5人の男女が、自らの心の闇を1人ずつ告白し合う著者の急逝により、この物語は2人目の告白で終わってしまったが、著者が目指した高みは、読む者の胸に激しく迫る。
巻末に北方謙三氏の弔辞を併録。

81冊目
野沢氏の遺作。5話形式で語られるはずが2話で終わってしまっているのが残念。
1話目は先端恐怖症の人には読み進めるのがつらいです。
5.5点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「セリエAに挑んだ男たち カズ、中田、名波、俊輔、柳沢」パオロ・ロッシ



世界最高峰のリーグに敢然と挑戦した5人の日本人選手。イタリア人ジャーナリストが辿ったその栄光と苦闘の記録。日本のマスコミ報道からはおそらく見えてこなかった日本とイタリアの「温度差」も、期せずして浮き彫りにする。

80冊目
カズ、中田、名波、柳沢、イタリア人が書いたとは思えないほど、彼らの周囲と当時のサッカーシーンを正確に書ききった本。
日本人の目線からの感情的な文章とは違い、公正な目で書かれていると思いました。
6.5点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「裸者と裸者」打海文三

 


破滅へ向かう世界と日本を予言する、傑作長編。大問題作!
近未来。内戦下の日本。両親を亡くした七歳と十一ヶ月の佐々木海人は、妹の恵と、まだ二歳になったばかりの隆を守るため、手段を選ばずに生きていくことを決意する。(上巻)

おまえが罪を犯すなら わたしも罪を犯そう
戦争を継続させているシステムを破壊するために。月田桜子と椿子。双子の姉妹は女の子だけのマフィア、パンプキン・ガールスつくり、世界に混沌に見を投じた。(下巻)

78、79冊目
上巻を孤児出身の兵士海人、下巻をその海人に戦闘の中命を助けられた月本姉妹を主人公に内戦状態の続く近未来の日本を舞台に描いた青春小説。
Rの家とは官能的な部分で共通するが、違いテーマを書ききった名作だと思います。
6.5点

この作品を紹介しているブログです。
読書blog
日々是サウダーヂ

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「完全敵地」加藤久


悲願のW杯へ…。伝説の闘いが甦る!
1985年、W杯予選。サッカーファンの間では伝説の試合とされている"完全敵地"平壌での北朝鮮戦を中心に、香港戦、韓国戦などの激闘を元日本代表キャプテンが鮮明に描いたノンフィクション。

77冊目
加藤久の意外な文才に驚きました。今回最終予選と85年の二次予選から最終予選までをオーバーラップさせて、臨場感たっぷりに描ききっています。
いまやいろんなチームの監督やスタッフになっている選手が現役時代どんな選手だったかもわかって、とても面白い読み物でした。
6点

この本を紹介しているblogです。
みしゃらいグゥパンチ
木の葉燃朗の「本とデジタルと俺の日常と」
五島列島の海から・・・W杯、サッカー、旅、家づくり、子育て

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「首輪物語」清水義範


文学、映画、TVの名作を究極パスティーシュ。
"パロディの達人"が文学、世界的ヒットの映画、昼メロ原作まで古今東西の名作を縦横無尽にコラボレーション! 鮮やかな仕掛けと切れ味鋭いユーモアと毒、脳みそも唸る、究極のパスティーシュ小説集。

76冊目
清水義範の真骨頂、パスティーシュを堪能できる短編集。
パスティーシュのジャンルとしては「永遠のジャック&ベティ」に並び称されると思います。

指輪物語を犬が演じる「首輪物語」
ピーター・パンのティンカーベルが日記を綴る「ティンカー・ベルの日記」
細雪風「若草物語」(笑)「パウダー・スノー」
和風スパイダーマン「亀甲マン」
真珠夫人翻案「あこや貝夫人」
あいのり「ハートブレイク・ツアー」
元ネタは分かりませんが「渚のカルメン」
そしてロビンソン・クルーソーが出たプロジェクトX「プロフェッショナルX」

こういうのは深く考えずに楽しく読めば良いんです。

この本を紹介しているブログさん達です。
BK1
日記
デコ親父はいつも減量中

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「ネット社会の未来像」宮台真司、神保哲生



サイバー世界には何でもある。だけど、人の心だけはない。あいつぐ幼女殺害事件、子どもの安全を名目に着々と進む監視社会、テレビ局を飲みこむIT企業、不安に怯えて吠える都市の弱者たち、どこかで響く高笑いの声―サイバー・ネットワーク社会で、知らぬまに人の心を操るアーキテクチュラルな権力を読み解く。

75冊目
監視社会、メディア問題、TVとネット、ウィニー、自民圧勝の構造など、現代を宮台・神保の2人がゲストを交えながら鋭く読み解いている。
自分なりのフィルターを掛けながらでないと読めないような偏った評論の多い中、この2人の対談はとてもナチュラルに読める。

この本を紹介しているそのほかのblogです
Mr.Myselfの風待ちレビュー
鹿ログ@hatena
遥か号、旅に出る
沙羅双樹の花
夕刊フジBLOG

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「涙」乃南アサ

  


「ごめん。もう、会えない」。東京オリンピック開会式の前日、婚約者で刑事の奥田勝から、電話でそう告げられた萄子は愕然とする。まもなく、奥田の先輩刑事の娘が惨殺され、奥田が失踪していたことも判明。挙式直前の萄子はどん底に突き落とされた。いったい婚約者の失踪と事件がどう関わっているのか。間違いであって欲しい…。真実を知るため、萄子はひとりで彼の行方を追った。(上巻)

川崎、熱海、焼津、田川…わずかな手がかりをもとに、萄子は必死に婚約者の跡を追った。やがて捜査から、ある男が重要人物として浮上するが、勝が逃亡する理由は不明のまま。勝への思いが消え入りそうな萄子だったが、当時米領の沖縄・宮古島に彼がいる可能性を大阪で知る。島でわかった慟哭の真実とは?’60年代の出来事・風俗をちりばめ、男女の一途な愛を描いた傑作ミステリー。(下巻)

73、74冊目
3月ほど前に古本屋で入手していたけど、今まで読めませんでした。
期待にたがわぬいい作品で一気に読みきってしまいました。
オリンピックの時期の東京や日本の風俗を絡めながら、1人の女性と、1人の壮年男性の一途さと執念がとても印象的な作品です。
7点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

liefeng

Author:liefeng
日々の徒然
twitterでつぶやいたことをまとめています。

杉浦さやかの本
私の妹・杉浦さやかの著作たちです。



えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

スクラップ帖のつくりかた
はじめてのハワイ
おしゃべり12ヵ月
東京ホリデイ
上海を歩こう
マーマリング・トーク
旅のおみやげ図鑑
旅のおみやげ図鑑(文庫)
わたしの日曜日
わたしの日曜日(文庫)
ベトナムで見つけた
お散歩ブック
お散歩ブック(文庫)
絵てがみブック
絵てがみブック(文庫)

オススメの本


いきつけの珈琲屋さんであり友人でもある「三月珈琲工房」の甲斐さんの著作です。


三ツ沢球技場のビールの売り子さんが本を出しました。

オススメのCD



オススメの楽譜

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
リンク
オススメの人
夫婦揃って大ファンです

ブログ内検索
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。