スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「M1(エム・ワン)」池井戸潤



50冊目
あの金に侵された者は狂い始める。
江戸川乱歩賞受賞第一作
誰も読んだことのない金融パニック・サスペンス
町は闇の通貨に支配されていた。元商社マンの高校教師は、教え子の父の会社を救うために企業王国のドンに戦いを挑んだ。

硬貨に表裏があるように、金にも常に裏の働きがある。裏の働きとは、金を持つ者の心を支配するという働きだ。金の裏と表は、夢と絶望という言葉に置き換えてもよい。

金融ミステリとしても、話としても面白く世界に引きずり込まれた。
7点
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「信玄の呪縛」井沢元彦



「武田信玄の墓はどこにあるのか?」というテーマで討論をするため、諏訪湖の貸別荘に集まった典山大学歴史研究会のメンバー九名。しかし、その旅行を呼びかけた当人は姿を見せず、代わりに、鎧兜を身につけた武将姿の男が歴史研究会のメンバーに復讐を誓う内容のビデオが、別荘に届けられた。そして翌朝、女性メンバーの一人が槍で刺され死体となって発見される!だが、それは戦慄の連続殺人の幕開けに過ぎなかった…。武田信玄の屍の所在をめぐる歴史上の謎と、現代で繰り広げられる連続殺人の謎が交錯する、長編歴史ミステリー。

49冊目
ミステリとしては謎掛けの面などで不満が目立つが普通に面白かった。
5点

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「日はまた昇る」ビル・エモット


吉田利子訳

英『エコノミスト』誌編集長による待望の「日本復活宣言」。
著者は90年のベストセラー『日はまた沈む』でバブル崩壊を見事に予測した。以来15年間、日本は低迷を続けたが、著者はこの間に日本がゆっくりと、確実に変わったと指摘する。債務と生産能力と雇用における三つの過剰が解消し、制度改革は経済を効率化した。そして正規雇用と所得の回復も見えはじめている。ようやく「日は再び昇りはじめた」。さらに競争と効率化と生産性上昇を促せれば、少子高齢化社会でも年3パーセントの成長が可能だろう、日本という国は歩みの遅い着実なカメであり、足は速いが不安定なウサギである中国に将来的には勝つだろうと予測している。
昨年より株価が上向き、景気回復が言われるが、まだ半信半疑という人も多い。本書はいま日本人が最も読みたい一冊であり、東アジア情勢の展望、政治の変化と靖国問題も論じられ、読みごたえがある。

48冊目
ちょっと内容は薄いけど、面白く読めた。
5点

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「ST警視庁科学特捜班 黒の調査ファイル」今野敏



暴力団詐欺グループに復讐しようとする役者志望の若者たちに加勢することになったST黒崎。新宿の密室発火事件の科学捜査から中国人マフィア退治へと進み、科学エリートギャングと武闘派用心棒コンビとの対決へ。無力な若者たちの正義の戦いは実を結ぶのか?武術の達人黒崎が挑戦するシリーズ最凶の犯罪集団。

47冊目
今までのこのシリーズの中では一番内容が薄かったのが残念。
とりあえず、色シリーズはこれで終了ということで、今後のシリーズに期待したいところ。
4点

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「下妻物語・完-ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件」嶽本野ばら


ダメ親父のバッタもの商売が原因で尼崎を追われ、茨城県は下妻に越してきたロリータ少女・竜ヶ崎桃子は、絶滅寸前のヤンキー少女・白百合イチゴと出会い、ふたりは無二の親友となった(ここまで前作。ただし、親友については桃子は認めていない)。桃子は、大好きなブランドBABY、THE STARS SHINE BRIGHTでモデルをやるようになっていたイチゴと、連れだって代官山へ行くようになっていたが、ある日いつものように高速バスに乗ると殺人事件に巻き込まれ、足止めを食らってしまう。殺されたのは歌舞伎町のヤクザの幹部。アリバイがないのと疑惑たっぷりの見た目で、イチゴに容疑がかけられる。桃子探偵は真犯人捜しを始めるが…。

46冊目
はちゃめちゃでちょっと皮肉っぽく、そしてほろりとさせるのは前編「下妻物語」同様。とても面白く読めた。
7点

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「戦国自衛隊1549」福井晴敏



エディット版がハリウッドで作成され公開の決まった昨年6月に公開される超大作・映画の原作!! 平成の最新兵器を持った自衛隊が、戦国時代にタイムスリップ。彼らを連れ戻すために1549年に向かうことになった部隊が相対した敵とは!?

45冊目
半村良の名作とはタイトル以外ほとんど無関係。リメイクにして、福井晴敏のプロットに見事にはまった力作。既刊(今回は12Y.O)との関連性があるのもいつものパターン。
6.5点

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「天使の爪」大沢在昌


脳移植が生んだ、か弱く美しい肉体にタフな女刑事の心を持つ麻薬取締官・神崎アスカ。突然麻薬取締部に現れその場の一人を銃殺した全裸の女が、中国人犯罪者・林の引き渡しを要求した。交渉人に指名されたアスカは、かつての同僚であり恋人の刑事・古芳との決死の連係で人質を救出。しかしそれは、米ロ情報機関、さらに日ロの犯罪組織が絡み合う激しい戦いの序章でしかなかった―。

世界に2人「天使」対「狼」。凄惨な殺しを重ねながら異常な執着でアスカに迫る「狼」。沸騰する戦いの結末は? 愛と憎しみのハードサスペンスロマン。

43、44冊目
「天使の牙」の続編。アスカと仁王のコンビは、組織を変えて存続。さらに強大な敵と戦う。面白かった。6点

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「天使の牙」大沢在昌

 
覚醒剤に替わり、日本全土を脅かす新型麻薬アフター・バーナー。その元締「クライン」を牛耳る独裁者・君国辰郎の愛人神崎はつみが逃亡した。はつみは組織内部のことを知りつくしていた。そのはつみが警察に保護を求めてきたのだ。連絡を受けた保安二課長・芦田は、「クライン」壊滅の切り札として護衛・移送することを決める。この極秘指令を受けた男まさりの女刑事明日香は、はつみとホテルで接触するが、ヘリからの銃撃を受け二人は瀕死の重体に。だが、奇跡は起こったー!!冒険小説の新しい可能性に挑戦したノンストップ・アクション。

犯罪組織「クライン」の独裁者君国の愛人はつみの身体と、女刑事明日香の精神を持つアスカは、己だけを信じて決死の囮を演じていた。組織は警察内部の通報者を使い、次々と殺戮の罠を仕掛けてくる。アスカを守るのは、明日香の元恋人・仁王こと古芳ひとり。だが、古芳はアスカの精神が明日香であることを知らない。一方、アスカは古芳が組織の内通者である疑いを捨てきれない。不協和音が生じた二人にさらなる刺客が…!!息もつかせぬアクション、巧みな構成、想像を絶する展開。感動と興奮を呼ぶエンターテインメントの真髄。

42冊目
面白かった。大沢たかおの仁王はどうかと思うが映画も見てみたい。
6点

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「偶人館の殺人」高橋克彦



矢的遥は、からくり人形の蒐集家として著名な加島が、「べんきちはゆるさないぞ」と書かれた脅迫文を見て怯える姿に愕然とするが…。からくり人形コレクターを相手に新タイプの探偵が活躍する怪奇ミステリ。

41冊目
まあまあ。5点

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「義経はここにいる」井沢元彦



「ヨシツネに殺される」謎の言葉を残し森川義行が失踪した。彼は佐倉財閥令嬢婚約者。そして婚約披露の日、会場に送られた一斗樽から森川の首が! 義経の悲劇の再来か!?『逆説の日本史』の著者が独自の解釈で描いた傑作長篇ミステリー.

40冊目
井沢元彦の研究を基にしたストーリーは読んでいて面白かった。
6点

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「警鐘」金子達仁 セルジオ越後



2002 年W杯で決勝トーナメント進出を果たした日本代表ベスト8をかけたトルコ戦で敗れた彼らの次の目標は2006年ドイツ大会でそれ以上の成績を残すことだった。ジーコ監督を指揮官に迎えてから3年あまり―苦闘の末にW杯出場権を手にした日本代表は強くなったのかセルジオ越後と金子達仁が本当の“実力”に迫る。

39冊目
内容軽くあっという間に読んだ。セルジオ、金子の自慢合戦になっているのが笑える。
3点

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「帝都東京・隠された地下網の秘密[2]」秋葉俊



なぜ地下の真実は隠されているのか?それはテロ対策・国家防衛のためか、あるいは利権の隠れ蓑か。秘密の核心に迫る第二弾。

38冊目
噴飯モノのトンデモ本。専門家じゃなくてもおかしいと思うだろうに…。
でもこの本の内容信じる人いるのかもね。虚構本と思って読めばとても面白い読み物です。
ルポとしては0点。読み物として5点。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「ラストサマー-トラベリング・パンツ」アン・ブラッシェアーズ



だれがはいてもステキに見える不思議な力をもったジーンズ“トラベリング・パンツ”はレーナ、ティビー、ブリジット、カルメンの4人だけの宝物だった。ジーンズは勇気と愛ときずなをくれた。今年、高校生最後の夏を迎えた。もうすぐ、ちがう道を歩きはじめる。でもそのまえに、それぞれやらなくてはいけないことがある…。めぐりくる3度目の夏に、“トラベリング・パンツ”はどんな奇跡を起こしてくれるのか―。全米ベストセラー。全米の本屋さんから「売って、いちばん楽しかった本」に選ばれたヒット作!心にしみる感動の完結編。

37冊目。大蔦双恵訳
3部作もついに終了。3年分大人になった少女たちの未来に思いをはせた。
6.5点

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「セカンドサマー-トラベリング・パンツ」アン・ブラッシェアーズ



「トラベリング・パンツ」をかわりばんこにはく「シスターフッド」(仲良しグループ)が、ポケットに去年の夏の砂を少し残したまま、16回目の夏に乗り出す。

ブリジット:家族にまつわる悪魔に立ち向かいたい、でも同時に逃れたい。そう思って衝動的にアラバマへ旅立つ。
レナ:すごく幸せな1週間をコストスと過ごしたのに、その後なぜか彼からの連絡が途絶えて、ひどくつらい。
カルメン:母親が男関係でつまらない目にあっているのではないかと気がかり。デートに行くのに勝手に自分のトラベリング・パンツをはいていったことを知って、いよいよ確信をもつ。
ティビー:今年の夏はウォールマンではバイトしないと決めて、映画コースを受講。でもわかったのは、カメラに映らない現実の世界が一番勉強になるということだった。

36冊目 大嶌 双恵訳
「トラベリングパンツ」の続編。相変わらず生き生きした少女を描いていてほほえましい読後感。
6点。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「幸せになりたい」乃南アサ



今夜、桐江は恋人だった。が、明日からは愛人になる。家庭的な真純と性に奔放な桐江―大手商社に勤める敏腕社員の依田は二人の女性とつき合っている。人生の伴侶には真純を選ぶが、桐江との関係も続けたい。結婚前夜、依田は密かに桐江の部屋で過ごした。が、その夜の甘い会話には、艶麗な罠が潜んでいた…(「二人の思い出」より)。男女の愛憎を描く傑作心理サスペンス。

35冊目
7編の短編とも結婚をテーマにしつつとても怖い話だ。
6点

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「謎解き古代史 独学のススメ」関裕二



カリスマ歴史作家が古代史の謎解きのポイントを明かす。これであなたも独学で古代史をもっと身近にできる。

34冊目
作者の自慢話。つまらない本。
2点

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「包帯クラブ」天童荒太



『家族狩り』『永遠の仔』の作者が、この時代に生きる人たち、特に、いまの社会が生き難いと感じている若い人たちに語りかける、6年ぶりの書き下ろし小説。

33冊目
少女たちの思考回路は完全に今の子達の思考回路として描ききっているんだけど、なんだか懐かしくて、読了した夜、中学校時代の友人たちの夢を見た。
6.5点

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

liefeng

Author:liefeng
日々の徒然
twitterでつぶやいたことをまとめています。

杉浦さやかの本
私の妹・杉浦さやかの著作たちです。



えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

スクラップ帖のつくりかた
はじめてのハワイ
おしゃべり12ヵ月
東京ホリデイ
上海を歩こう
マーマリング・トーク
旅のおみやげ図鑑
旅のおみやげ図鑑(文庫)
わたしの日曜日
わたしの日曜日(文庫)
ベトナムで見つけた
お散歩ブック
お散歩ブック(文庫)
絵てがみブック
絵てがみブック(文庫)

オススメの本


いきつけの珈琲屋さんであり友人でもある「三月珈琲工房」の甲斐さんの著作です。


三ツ沢球技場のビールの売り子さんが本を出しました。

オススメのCD



オススメの楽譜

カレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
リンク
オススメの人
夫婦揃って大ファンです

ブログ内検索
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。