スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東京秘図 西南の役異聞」渡辺房男



血塗られた一枚の地図に秘められた西郷挙兵の裏工作とは…。維新の激流に翻弄される「江戸切り絵図」の絵師であった元松江藩士の生きざまと、明治激動の時代を活写する気鋭の書き下ろし長篇力作。

普通の読後感 4点。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「果つる底なき」池井戸潤



「これは貸しだからな。」謎の言葉を残して、債権回収担当の銀行員・坂本が死んだ。死因はアレルギー性ショック。彼の妻・曜子は、かつて伊木の恋人だった……。坂本のため、曜子のため、そして何かを失いかけている自分のため、伊木はただ1人、銀行の暗闇に立ち向かう!
第44回江戸川乱歩賞受賞作


乱歩賞受賞作ということであまり期待しないで読んだ作品。
犯行の手口など、ミステリとしては甘さが残る感じだが、全体的にストーリーなど意外な掘り出し物で面白かった。
6点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「ダイノサウルス作戦」豊田有恒



恐竜の繁栄する白亜紀後期末に降り立った調査隊が、何者かに襲われ、ソネ教授と助手が拉致された。タイムパトロール隊員のヴィンス・エベレットは、生き残った調査隊員を伴い救出に向かうが、その時代でヴィンスたちが目撃したものは、武器を使いフタバスズキ竜を攻撃するドロマエオサウルスだった。さらに人間ではない何者かが、時空を超えてヴィンスたちに襲いかかってきた。不朽の名作SF。

楽しいエンターテイメント。
6点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「火のみち(上・下)」乃南アサ

  

罪の、意味がわからない。
たった1人の妹を守るために、人を殺した男。心を焦がす、怒りと憎しみを、「土の冷たさ」だけが鎮めた。
時間が止まった刑務所の10年。自由。希望。命の実感。そのすべてを奪われ、赦されることもない男がたどる、壮絶な人生。(上巻)

奇跡を生むのは、炎。
空洞が埋まらない心。それが欲したのは、「天空の色」。触れたい、手に入れたい。男は魔力に取り込まれる。
古(いにしえ)の焼物・汝窯(じょよう)。奇跡のような色。いっさいの感情も、作為もゆるさない、「完全」。その奇跡を再現することが、自分の運命だと信じた。(下巻)

淡々とした男の一生。
7点。

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「12 Y.O.」福井晴敏



沖縄から米海兵隊が撤退した。それは米国防総省(ペンタゴン)が、たった1人のテロリストに屈服した瞬間だった。テロリストの名は「12」。最強のコンピュータウィルス「アポトーシス2」と謎の兵器「ウルマ」を使い、米国防総省を脅迫しつづける「12」の正体は?真の目的は?圧倒的スケールの江戸川乱歩賞受賞作。

「川の深さは」ともリンクした作品。10点中7点。

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

「海神の裔」豊田有恒



軽い短編。長編のほうがいい。
10点中5点

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

liefeng

Author:liefeng
日々の徒然
twitterでつぶやいたことをまとめています。

杉浦さやかの本
私の妹・杉浦さやかの著作たちです。



えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

スクラップ帖のつくりかた
はじめてのハワイ
おしゃべり12ヵ月
東京ホリデイ
上海を歩こう
マーマリング・トーク
旅のおみやげ図鑑
旅のおみやげ図鑑(文庫)
わたしの日曜日
わたしの日曜日(文庫)
ベトナムで見つけた
お散歩ブック
お散歩ブック(文庫)
絵てがみブック
絵てがみブック(文庫)

オススメの本


いきつけの珈琲屋さんであり友人でもある「三月珈琲工房」の甲斐さんの著作です。


三ツ沢球技場のビールの売り子さんが本を出しました。

オススメのCD



オススメの楽譜

カレンダー
12 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
リンク
オススメの人
夫婦揃って大ファンです

ブログ内検索
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。